2010年10月27日

「原因」と「結果」の法則

久々にジェームズ・アレンの著書を読みました。

「原因」と「結果」の法則2「原因」と「結果」の法則2
(2004/01/08)
ジェームズ・アレン坂本 貢一

商品詳細を見る


10月初めまでの私は、何だか根をつめていたため体調も思わしくなく、

ついついネガティブな思考を沸いてくるがままにしてしまい、

その結果、いつもの様にそれらはどんどん増幅して不安となり、

現実離れしてってました^^。



でも、人間、成長するものです。

はたと気づいて、軌道修正、軌道修正!

苦しくて日々に迷い、初心に帰りたくなるとき、

その手始めに、諸先輩方の著書を読むようにしています。

この本は優しく、砕いて宇宙の法則を著してくれているな、と思います。

今度、不安を大事に(笑)育てている友人に、プレゼントしようか。

読むか読まないか、何を感じるかは彼らにお任せ^^。
  


Posted by One Hula とわ at 10:30Comments(0)読む本

2010年10月01日

チャネリング解説本

今読んでいる本。

愛への帰還―光への道「奇跡の学習コース」愛への帰還―光への道「奇跡の学習コース」
(1998/10)
マリアン ウイリアムソン

商品詳細を見る


以下、レイカさんのレビューより引用

:::::::::::

頑張って頑張って、それでも上手くいかない人に勧めたい。

著者は、奇跡の学習コース(原書タイトルA Course in Miracles)を読み、
人生が一変したという。

本作の特異な点は、例えば夢を叶えて幸福な人生を達成しようとしたとき、
従来の手法であれば、「そのために頑張る」「努力する」といったお約束があるが、
本作ではあえて、「自分に本来与えられている豊かさ」に気づくことを主眼に置いている。
気づくというより、本来自分(人間)が持っている生得権を行使し、
むしろ積極的に膝を折れといったほうが正確かもしれない。

才能があり、努力するだけの勇気もある。
それなのに、頑張っても頑張っても上手くいかないことは多いものである。
なぜかといえば、私たちが幸福になるためのものとは、頑張って得るような種類の
ものではなく、元々私たち自身の内に存在しているものなのだ、と説く。

肩の力を抜いて、素直に読みたい一冊。
最新の心理療法と照らし合わせても整合するところが多く、安心して読める点も評価できる。

::::::::::::
以上、引用終わり


迷ったとき、何度も読みたい本ですピカピカ

秋の夜長にぜひ。  


Posted by One Hula とわ at 11:06Comments(0)読む本